コミュ力養成講座

これを読めばコミュ障が治る!

様々な業種で参考となる倫理研究所による職業倫理

一口に職業倫理と言っても、それぞれの職種・業界によって違いがあるものです。倫理研究所では様々な分野の業種における職業倫理を研究しています。限定された職種や業界にだけ通ずる倫理観に偏ってしまうと、いつの間にか「~の常識は~の非常識」に陥ってしまうこともあります。もし、そうなってしまうならば、非常に狭い視野の中で物事が判断されるにいたり、いずれは狭隘な世界にしか住せなくなり、業界そのものが硬直化してしまうことになりかねません。どのような業種であろうとも、他の業界の倫理も参考にしながら、その業種の視野を広げ、柔軟に対処していかねば多種多様な対応を求められる現代社会では発展興隆することは難しくなるのではないでしょうか。倫理研究所による職業倫理の研究はまさにそのためのヒントがちりばめられており、参考にすべき意見が多々見られます。企業個々ではなく、業種・業界全体で倫理研究所の意見を採り入れていくことが時勢に乗ずることに繋がっていくのではないでしょうか。



カテゴリー:未分類

倫理研究所は職業倫理について考えなおす良い機会を提供してくれる

倫理研究所では職業倫理について考察をしているのですが、このような場所があることによって普段忘れがちな職業倫理ついて考えなおす機会を提供してくれます。普段仕事をやっていると、感覚が麻痺してしまい倫理観というものが時になくなってしまうことがあります。本人が悪いことをしているとは思っていなくても、第三者の立場から見ればそれは倫理に反することだとはっきり映ることがあるのでです。倫理研究所はこのような無意識のうちに起こる、職業倫理に反する行動に対して警鐘を鳴らしてくれる場所とも言えます。職業倫理というのはその職業によって、独自の倫理というものがあり、特に同じ世界にずっといるとその倫理について考えることが無くなってしまうことがあるものですが、一度倫理研究所のような場所で第三者視点から自分が働いている、業界のことを見つめなおすと社会人としてどのように労働をしていくかということが、はっきりと見えてくるものですよ。



カテゴリー:未分類

職業倫理についてもう一度考えさせられる倫理研究所

仕事をしているとつい仕事に対する不満から、職業倫理に反してしまうことをしてしまう人も多くいます。もちろん、当人はその気がなくとも冷静に考えれば倫理に反しているということはよくあるのです。倫理研究所ではそのような、職業倫理について考えているサイトで非常にためになるものです。倫理研究所では職業に対するあり方というのを、常に考えているためこのサイトを見ることで再び仕事につき始めの頃をフレッシュな気持ちを取り戻すことが出来るのです。長い間同じ仕事をしていると、つい仕事上で起きたことを誰かに話してしまったりするものですが、情報漏洩に厳しくなった現代ではこのような行為はたとえ家族であってもご法度と言えるのです。しかし、このような行為も倫理研究所に警鐘を鳴らされなければ、倫理に反しているという自覚を持てなかったりするものです。そのため、今一度職業倫理に対して考え直したいと思った時には非常に有益なサイトなのです。



カテゴリー:未分類

倫理研究所で職業倫理について勉強をしてみよう

職業倫理について、考えたことがあるという人は少ないですよね。普段仕事で行なっていることが、実は倫理に反していることだったりするなんてことを普段思いもよらないという人が多いのではないでしょうか。倫理研究所では職業倫理について深く考察しているので、普段意識しない職業倫理について勉強するのに大変役に立ちます。倫理研究所ではどのような職業にでも、倫理というものが存在するとしていて確かにすべての職業において、その世界なりの倫理が存在するというのを改めて認識させられるものでした。このような考えをすることが出来るだけでも、倫理研究所の存在意義というのは大きいものですが、そこから考えることで仕事をする上で倫理観を持って働くことができれば、更に社会にとって大きなプラスになるのではないでしょうか。仕事を長い間続けていると、倫理観が低下してきてしまうこともあるものですが、そのような時にはもう一度行いを振り返り倫理的な行動を取るのが大事かもしれませんね。



カテゴリー:未分類

倫理研究所は現代の日本に必要な倫理を勉強できる

最近の日本社会というのは非常にストレスが溜まりやすい状態になっていて、特に不況の影響は大きいものです。そのため、仕事をしていても不満が多く時にモラルに反する行動を取る人も多くいます。倫理研究所ではそのような、職業倫理について取り扱っているのですが、この倫理観というのは現代日本において特に重要な事ではないでしょうか。倫理研究所ではどのような職業であっても、倫理というものが存在するとしていますが、現在の日本では仕事で成果を上げるためならば倫理を蔑ろにしても構わないという考えがあったりするものです。そして、なりふり構わないと厳しい競争に勝ち抜くことが出来ないため、職業倫理を忘れて倫理観に反することをしてしまう人も多いのです。そのような現代の日本だからこそ、倫理研究所のような職業倫理について警鐘を鳴らしてくれる場所というのは非常に貴重な存在です。競争を勝ち抜くことは重要ですが、今一度倫理に悖る行動をしていないか見返す時期に来ているかもしれませんね。



カテゴリー:未分類

安田隆夫先生の歯に関する豆知識

接客の仕事をしているので、お客さんが見て気持ちの良い笑顔を提供できるようにと歯のお手入れは欠かせません。
定期的に近所の歯医者に行くのですが、そこの院長の安田隆夫先生にいつも色々な話を聞いています。

安田隆夫先生ご本人がけっこう面白いキャラクターなので、定期健診に行く時は密かに彼に会うのが楽しみになっています。

こないだなんて、「八重歯はチャームポイントになるか否か」で少々雑談をしてしまいました(笑)
他の女性のアシスタントさんたちがクスクス笑っていましたが話は止まりませんでしたね。

一見くだらない話であっても、少しでも歯に関する話であれば安田隆夫先生の食い付きがものすごいです。
先生の面白いところはそういったところにあります。

また次回、安田隆夫先生から聞いた歯の豆知識をご紹介しますね。
こちらもどうぞ


カテゴリー:未分類

社会福祉法人博乃会の保育園のひとコマ

社会福祉法人博乃会の保育園はいろいろな季節感を重視したイベントをたくさん取り込んでいて子供たちは初めて接する季節行事で日本の四季や行事を学んでいきます。

4月には初めての保育園に慣れてもらうためにたくさんの園庭での遊びを取り入れて楽しく過ごします。

まずはこうした集団行動になれることを一番大事に考えてみんなで手をつないで園内を探検したりします。

5月になると気候もいいので近隣の公園などにピクニックに行ったり虫を探しに行くこともあります。

こどもの日には鯉のぼりを制作してみんなの成長を祝うのです。

7月は七夕飾りを作ります。

最近では家庭で笹を入手するのも難しくなってしまい笹飾りを作る人も減ってしまっているのですが、保育園では立派な笹に自分の夢を先生に書いてもらって七夕を祝うのです。

夕涼み会をするのは8月です。

目隠しをしてスイカをわるのはなかなか機会がないのでみんな大喜びでチャレンジします。

先生の手作りの出店で楽しく遊びます。

芋掘りは秋の大きなイベントです。

持ちきれないほどの大きな芋をほってお母さんへのお土産にするのを楽しみにしている子供もいます。

12月のクリスマスパーティーでは先生方の人形劇などを見てお菓子をいただいて楽しみます。

こうした季節ごとの行事はかていではなかなか取り組めないので社会福祉法人博乃会の保育園で楽しく経験できるのがいいですね。社会福祉法人博乃会の保育園は季節感を園児に身につけさせたいと考えているのです。





カテゴリー:未分類

元気堂本舗の元気シート。

今日は元気堂本舗の素晴らしい商品を紹介したいと思います。

高齢になっていくにつれて、だんだんと冷え性も増してくるものですよね。でも元気いっぱいにスポーツをしたり、お散歩をしたり、可愛いお孫さんと遊んだり、楽しみがたくさん出てきます。

いつまでも現役でアクティブに活動出来るように、元気堂本舗の商品は人の支えになっていると思いますよ。今日は元気シートという商品を皆さんに知ってもらいたいです。

いろいろなお客様のお声があり、大人気の商品ですね。カラダにつけるだけで、ポカポカして温かいんですよ。しかも蒸れづらいフィット感がたまらない商品なのです。

温かくなるシートっていうのは、一般的には時間がたつにつれて冷えてきますよね。しかも持続性がかなり心配になります。

しかし、元気堂本舗だからこその技術が出ている商品ですので、温かさの持続性が良くて、蒸れないのが素晴らしい商品なのです。

パークゴルフやジョギングのおともに欠かせないですね。一度使うとやみつきになりそうな元気シートです。

寝る時につけたら良いでしょう。朝まで冷えを知らずにグッスリと眠れそうですよ。元気堂本舗の元気シートは、まとめて欲しくなるのがわかります。





カテゴリー:未分類

埼玉の老人ホームと有料老人ホームについて

埼玉は人口が多い地域で、高齢者の数もかなりのものです。 そのため、高齢者用の施設もさまざまなものが用意されており、予算や状況に応じて選べるようになっています。

埼玉では、市町村が管理している老人ホームもたくさんありますが、高齢者が多いため、予約街で数年間たっているという人も珍しくありません。

ただ、要介護の度合いが重症である人や、近くに家族や面倒を見る人がいない場合には、ある程度優先的に入れてくれることもありますので、担当窓口に相談してみると良いでしょう。

予算が許せば、公的な老人ホームよりは有料老人ホームが比較的早く入所できて便利です。

有料老人ホームでは、民間の法人が経営していますので、部屋や食事を充実させたり、イベントを頻繁に行うなど、より快適に暮らせるような空間作りをしています。

また、要介護の高齢者でも、病院と連携している有料老人ホームであれば、24時間介護職員が常駐していますし、定期的に診察もしてもらえますので安心です。

老人ホームに比べると入居費や毎月の負担金は高くなっていますが、埼玉では入居費を取らないところや、大幅に金額を下げているところなどもたくさんありますので、以前に比べると入所しやすくなってます。

私はヘルパーとして現在勤めておりますが、利用者さん達はとても元気で、いつもこっちがパワーをもらっています。

先日「元気ですねー」と声をかけたら「息子も孫も頑張ってるからなー。この前の誕生日にこれを息子からもらったんだ」とうれしそうに言っていました。

ヒザが悪いので、元気堂本舗でサポーターを買ってもらったようです。素敵ですね。

カテゴリー:未分類

日本創造教育研究所の研修コンセプト

日本創造教育研究所が軸としているのが、「バランスの良い人材育成」です。

バランスの良い人材とは、どのような人だと思いますか?日本創造教育研究所の考えるバランスの良い人材は、仕事を遂行し会社に貢献できる「能力」と、人望が厚く人々から協力が得られるといった「人格」の両方を兼ね備えた人です。

人は良いけれど仕事が遅いとか、仕事はできるけれど独りよがりで部下がついてこないなど、いずれかが足りないと社会では上手くいかないでしょう。日本創造教育研究所では、仕事をするための「能力」を伸ばす研修として「職能研修」を、人から信頼を得る「人格」を伸ばす研修として「可能思考研修」を行っています。

「職能研修」は職務遂行能力を高めるもので、それぞれの立場や役割に合うプログラムを用意しています。

「可能思考研修」とはポジティブ・シンキングを身につけるための研修です。

よく成功している経営者などは、プラス思考、前向き思考、積極性の持ち主と言われています。

後ろ向きで自分にはできないとか、何をするにも失敗するかもしれないと考えたり、同僚や部下、上司のあら探しばかりするといった思考では、人望や信頼を得るのは愚か、仕事をしても上手くは行かないでしょう。



カテゴリー:未分類

   2013年 12月 »
最近の記事
ダイエットの敵は食べたい物を食べられないストレス
値段の高いジュース
草食系が増えたというよりそうせざる得なかった
裏切られました
シスウェーブのリーダー宮嶋氏の現在
様々な業種で参考となる倫理研究所による職業倫理
倫理研究所は職業倫理について考えなおす良い機会を提供してくれる
職業倫理についてもう一度考えさせられる倫理研究所
倫理研究所で職業倫理について勉強をしてみよう
倫理研究所は現代の日本に必要な倫理を勉強できる
正直者の岡田桂樹
404notfound
404notfound
404notfound
404notfound
404notfound
404notfound
404notfound
404notfound
心と体の元気を応援する元気堂本舗
元気堂本舗飲の大麦若葉ゼリー
元気堂本舗は電話でも健康食品が注文できる
日本創造教育研究所のコンサルティング事業について
瀧野川女子学園を舞台にした漫画を描く
瀧野川女子学園の漫画研究部
守安但がモンペについて物申す
安田隆夫が発想を変えた瞬間
名古屋ホテルでのランチやディナーについて
倫理研究所の富士教育センター内
家庭教師のファミリーがおススメな理由とは
家庭教師のファミリーで指導を受ける際の利点
今からでも間に合います、受験は家庭教師のファミリー
欲のままに生きている友人
雑誌「男の隠れ家」は良い雰囲気
日本創造教育研究所で研究する事の内容
☆ひとり暮らし+スーパーバリュー+2chレシピ
キレイになるには
大阪・京都地域の厨房機器買取サービス
世界評価のシスウェーブ宮嶋氏のスマートシティ
ドン・キホーテの社長安田隆夫
守安但が考える株について
守安但とウォーキング
守安但とハンドメイド
若い先生が教えてくれる家庭教師のファミリー
リフォームのナカヤマのいいところとは
リフォームのナカヤマなら安心して頼めそう
安田隆夫先生の歯に関する豆知識
社会福祉法人博乃会の保育園のひとコマ
元気堂本舗の元気シート。
埼玉の老人ホームと有料老人ホームについて
カテゴリー
未分類
アーカイブ
2014年 07月
2014年 06月
2013年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
Copyright © 2009 コミュ力養成講座. All rights reserved